KonifarPod

純情すぎるGoogle先生からAdsense承認もらった上に謝罪された経緯を語ろうと思う

      2013/05/09

Pocket

3月10日に『Google Adsense に「お前のブログ エ○いからダメ」と叱られた件』を書いてから早2週間。純情すぎるGoogle先生からようやくAdsenseの掲載をお許しいただけました。

とは言え、実は上記事で墓穴を掘り一時期は『エ◯いブログ』と検索したらトップページ7番目くらいに表示されるほどになってしまったせいか、Google先生にすっかり嫌われてしまい大変だったわけで。。。エ◯ブログ判定されてから承認をもらうまでの経緯を残しておくことで、同じ思いで悲しむ方に少しでもお役に立てればと思います。

  

1.1次審査すら通らない

まずね、一次審査に通らないわけですよ。

Adsense6

『成人向けコンテンツ』ってw そんなもんねえよ!自分のブログの内に秘めたエ◯スを何度も探しました。嫁に「手伝おうか?」といわれた時はまじで「おれ何やってるんだろ・・・」ってなりました。3回くらい見直してもう大丈夫!と思って出した結果が上記のメールだった時はリアルにorzでしたね。

 

2.SEO対策の文字列が原因だった

諦めたら何とやらと思い、めげずにもう一度見返してみました。そこで見つけたのがこちらの記事 ⇒『前職の先輩に聞く、深夜の新橋でアレ系のお店のお嬢さんに絡まれない方法』タイトルや文章は細かに推敲して全て直してました。まあ逆にエ◯くなった気がするのは言わないお約束です。しかし見逃していました。SEO対策の文字列に『風◯嬢』という文字がばっちり入ってたんですね。それを直したところ、一次審査は通りました!

Adsense5

正直中学校受験受かった時と同じくらい気持ちよかったです。

 

3.楽勝と思った2次審査・・・が

1次審査通った時点で、2次審査なんてもはやザルと思って油断してました。いや、油断してもいいくらい1次審査の時に見返しまくったわけですよ。20以上ある記事の中から3回もエ◯スを探す作業をしていたわけですよ。そりゃ通ると思うじゃないですか、と言ってみる。しかし、下記のメールが来ました。

Adsense1

なん・・・だと・・・?なんかもう『成人向けコンテンツ』も見慣れちゃいましたよ。

 

4.Google先生に直接聞いてみた

心が折れました。もはや僕にはブログの中のエ◯スを探す気力はありませんでした。というかエ◯スなんてないです。どうしようかとGoogle先生に聞いてみたら、なんと問合せフォームがあるとのことだったので直接何がエ◯いのか聞いてみることにしました。

Adsense4 

“Google Adsenseの審査において『成人向けコンテンツ』との判定を受け非承認になっております。非承認の判定をいただいて後、私もブログサイトに『性的、わいせつ、挑発的な内容のテキストや画像、18歳未満は利用できないサイトや職場での閲覧に適さない』表現がないかどうか確認してみましたが、そのような箇所が見つからず困り果てております。お手数ですが再度ご確認いただき、もし非承認の場合にはどこのコンテンツに問題があるのか教えていただけますでしょうか。鋭意修正させていただきます。”

 

5.なんと承認された!しかも謝られた!

いやはや、言ってみるもんですね。なんと承認されました!

Adsense3

 

Google先生ありがとう!しかも謝罪メールまでもらってしまい、はわわわとなりました。

Adsense2

なんと期間限定で電話サポートまでしてもらえることに・・・!期間限定というのがいつまでなのかはわかりませんが、もしAdsense止まったらお願いしたいところです。まあGoogle先生も純情すぎてちょっと過敏になっちゃうときもありますよね!と、少しおおらかになることができました。

 

【というわけで、Adsense承認されました】

山あり谷ありで、ようやくAdsense承認されたのでペタペタ貼ってみました。まあ収入どうこうよりとりあえずやってみたい感強かったのですが、なんか承認されただけで割と満足してしまった自分がいます。まあ調べてみると『成人向けコンテンツ』というエ◯判定されて苦しんでいる人も多いようなので、少しでもお役に立てれば嬉しい限りです。

Pocket

 - ブログネタ, レポート