KonifarPod

マウス不要!Macのウィンドウのサイズや場所を自由自在に操れる『Divvy』が超便利

   

Pocket

Macで作業する時、ウィンドウをドラッグして移動したりサイズを大きくしたりするのがめんどいと思ったことはありませんか?僕にとっては堪え難い苦痛でした。確かにMacのマジックトラックパッドは最高に使いやすいんですが、やはりキー操作には劣ります。

また、SublimeText2でコードを書きながら横でブラウザの挙動を確認したい時など、左にエディタ・右にブラウザを配置して作業したくなったりしますよね。例えばこんな感じです。

Divvy8

そんな時にめちゃ便利なのが、Macアプリ『Divvy』です!ウィンドウの移動やサイズの調整が一瞬で行えます。Windowsでは『ぴたすちお』が有名ですが、Macでは『Divvy』が最強だと感じたのでご紹介したいと思います!

Divvy – Window Manager App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,200

(1)細かいカスタマイズが可能!

細かい設定でより使いやすくカスタマイズすることが可能です。導入直後は上部のステータスアイコンをクリックして開きます。

Divvy1

すると、画面中央に小さなウィンドウが表示されます。

Divvy2

いくつかマスが表示されています。これはPCのディスプレイに対応していて、クリックすることで対象のウィンドウのサイズを変えたり移動したりできます。設定をするには、右上の設定アイコンをクリックします。

Divvy4

ログイン時に自動的に開始するか、メニューバーにDivvyアイコンを表示するかなどを設定できます。

『Use global shortcut to display panel』は起動用ショートカットキーの設定です。自分は、Option + S キーで起動するようにカスタマイズしてます。

Appearanceタブをクリックすると、画面の分割を設定することができます。

Divvy5

デフォルトでは 6×6 ですが、8×8 にしたりすることも可能です。ここはあんまりいじってないですが、画面サイズの大きなiMacの場合はカスタマイズすることでより一層使いやすくなるかもしれません。

(2)ショートカットキーだけで全操作可能!

Shortcutsタブの設定をいじると、ショートカットキーだけで全ての操作が可能になります。

Divvy7

よく移動する場所のパターンを記録して、ショートカットをひも付けることができます。僕はだいたい左右上下に分割したり、フル画面表示させたりするので、いくつかパターンを記録してキーをバインドしています。例えば、Hを押したらウィンドウを左半分のピタッとはめることができきるようになっています。

Divvy6

パターン設定画面はこんな感じですね。直感的に設定できるので迷うことはないはずです。たぶん。

【使ってみた感想】

もうね、めちゃ気持ちいいです。作業効率は確実に上がりました。もう画面移動にトラックパッドは使ってないですね。左に移動させたい時は、Option + S ⇒ H のコンボで移動するようになってます。キーボードだけでカチャカチャ操作するのが好きな人にはまじでオススメです!Windowsでぴたすちお使ってた人は絶対に入れた方がいいですね。

一度はまるともう離れられなくなります。是非この中毒性高い操作感を味わってみてはいかがでしょうか?

Divvy – Window Manager App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,200

Pocket

 - Macアプリ ,