KonifarPod

Google Adsense に「お前のブログ エ○いからダメ」と叱られた件

      2013/05/09

Pocket

Adsense2

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『おれはGoogle Adsenseに申し込んだと思ったらいつのまにかエ○いからダメと叱られていた』
な・・・何を言ってるのかわからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった・・・
催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・


ブログ始めて1ヶ月。そろそろ噂の Google Adsense とかやってみるかーと思い申し込んでみました。審査に1週間くらいかかるとメールで来たのですが、12時間後くらいにメールで返事が来ました。その内容を見て、僕は目を疑いました
 
Adsense1
 
 
・・・なん・・・だと・・・? 
そう、1ヶ月書いてみた僕のブログの中に、エ○スがあると言われてBANされてしまったみたいです。
そんな馬鹿なwww と思い調べてみたところ、Google Adsense の審査はかなり厳しくて結構色んな人が同じ目に合っているようでした。最近話題の株式会社LIGですら、Google先生の権力に屈して『PCを起動した際に、A○な動画が流れるドッキリ企画があった、という思い出』という良記事を削除しています。停止処分をくらった後のGoogleとの壮絶な激闘の様子なども、別記事で上がってたりします ⇒『Google Adsense』 グーグル広告の停止から復活への道のり
 
まあ僕の場合、ちょっとやってみよっかなーくらいの軽い気持ちだったので別にできなくてもいいっちゃいいんですが、ぶっちゃけちょっとお金入ったら嬉しかったりするしお金好きだったりもするので、やっぱり記事を修正してGoogle先生にゴマをすることにしました。
 

(1)エ○記事を探す

まずは何が『性的、わいせつ、挑発的な内容のテキストや画像、18歳未満は利用できないサイトや職場での閲覧に適さないサイト』と言われているのかを突き止めなければなりません。1ヶ月しかやってないのにそんなもんねえよww と思いましたが、実はひとつ心当たりがありました。それは3日くらい前に書いたこちらの記事。(修正済み、いったん非公開中)

Adsense4

 

これしかないでしょう。アレ系のお店のお嬢さんの元の表現がまさに引っかかったのではないかと思います。一応書き直してみたんですが、これでいけるんですかね?なんか一層オヤジ臭増してエ○くなった気もしなくもないんですけど。というか今この記事書いている時も『エ○』って単語とか書いていいのかびくびくしてます。いや、それくらいいいですよね?そんなんまで禁止されたらもう表出て会話できませんよ

⇒ 2013/03/18追記:ダメっぽかったので伏せ字にしました・・・。

 

(2)Google先生にゴマすった感想

いやー結構厳しいもんですね。書く記事の表現だけ変えてとりあえず再度出してみますが、これでダメだったらまたブログの内に秘めたエ○スを探さなきゃなりません。これから気をつけようとしみじみしました。

まあ発想の転換で、Google先生が実はウブな設定って考えたらちょっと親しみがわくかもしれませんね。それに、わざわざメールで教えてくれるなんてとっても親切じゃないですか。何の連絡もなくお前なんか知らんっていう会社も世の中いっぱいありますよ。ただ、できればどのコンテンツのどこの表現がエ○いからダメってとこまでこと細かに教えてほしいですけどね。なんかそういうエ○ゲみたいでちょっとアレですが。あ、『エ○ゲ』って単語大丈夫なのかな?もう完全にGoogle先生の犬と化した自分に今気づきました。

 

という訳で、もっかい Google先生にお伺いをたててみます。今度こそ聖人Google先生のお眼鏡にかなうことを祈るばかりです。一度BANされると次から審査が厳しくなるらしいので、これからGoogle Adsense申し込もうと思っている方は自分のサイトのコンテンツを見直すことをオススメします!

 

【3/10 (日) 10:29 追記 】
やっぱりGoogle先生こわいのでこちらの問題の記事をいったん非公開にしますw まあ僕は全く問題だと思ってないんですけど、ウブなGoogle先生に合わせておいた方がよいのではないかと判断しました。

 

Pocket

 - ブログネタ