KonifarPod

あまり知られていないKindleSNSの素晴らしさ!ハイライト機能が楽しすぎる

      2013/03/08

Pocket

1ヶ月遅れのサンタさんにKindleをもらってから、早1ヶ月半が過ぎました。前評判どおりの素晴らしさで、毎日本を読むのが楽しくなりました。Kindleの素晴らしさについてはこちらの記事でとても魅力的に説明してくれてます。Kindle含め電子書籍の快適さについては、かなり浸透してきているように感じます。

しかし、KindleにはAmazonのSNS機能があることはあまり知られていないのではないでしょうか?このSNSを使えば、自分の読んでいる本を友達が読んだことがあるか、他の読者がどう評価しているかなどを見ることができるのです!僕がKindleで一番素晴らしいと思うところはハイライト機能なのですが、SNSを使うとこのハイライト機能をより一層楽しむこともできます!Kindleを買った一番のメリットはハイライト機能とSNSの連携だと思っているくらいなので、今回はKindleSNSとハイライト機能についてご紹介したいと思います。

Kindle1

ハイライトとは、Kindle上でなぞった文章を保存しておける機能です。イケてるフレーズとかを簡単に貯めて後で見返すことができます。

 

1.Amazon Kindleにログイン

Amazon Kindleのサイトに行き、ログインします。さっきまでSNSと言ってましたが、正式名称は『Amazon Kindle』みたいです。ロゴ下にある『Read. Review. Remember』ってすごくいいタグラインですね。

Kindle2

Amazonアカウントでログインします。Kindleを持ってるのであればアカウントもあるはずなので同じアカウントでログインしてください。

Kindle3

 

2.ホーム画面

ログインするとホーム画面が表示されます。Amazonと同じようなレイアウトであんまりわかりやすくはないですが、左側にフォローしている人が読んでいる本などがフィードで流れてくるようになっています。気になるあの人がどんな本を読んでるかが丸わかりなわけですね!もちろん非公開にすることもできますよ。

Kindle4

 

3.アカウント画面

ホーム画面から右上の自分の名前をクリックすると、自分のアカウント画面に行きます。ここでは、自分の読んでいる本やハイライトの確認などを行うことが出来ます。

Kindle5

 

4.Your Books画面

「Your Books」をクリックすると自分がKindleで読んでいる本を一覧で見ることができます。それぞれ読み終わったか読み途中かステータスが表示されていて、Kindleで評価をつけていればそれも反映されます。

Kindle6

 

5.ハイライト画面

「Your Highlights」をクリックすると、ハイライトした文章を一覧で見ることができます。この機能は本当に素晴らしいと思います。僕は良いと思ったフレーズは全てハイライトして後で振り返れるようにしています。わざわざメモにとる必要もありません!

Kindle7

 

6.他のユーザーの画面

フォローしている人やその他Kindleアカウントを持っている人のページで、今その人が読んでいる本やハイライトを見ることができます。尊敬している人がベタ褒めしている本とかはついつい読みたくなりますよね。どんな本を読んでどう評価しているかなどを、ここですぐに見れちゃいます!あ、もちろん人に見せないこともできるはずです。

Kindle8

 

7.本の詳細画面

気になった本のリンクをクリックすると、詳細画面にいけます。ここで素晴らしいのは、その本を読んだ人のハイライトが見れることです。本の中で読者の心に残ったフレーズが見れるので、レビューより客観的にその本の内容がわかります。読んだ後には、他の人がどこに注目したかをだらだら見ることもできて楽しいです。

Kindle9

 

【KindleとSNSで読書が変わる?】

Kindleでの読書は、単にスペースをとらないとか暗くても読めるとか買うのが楽ちんとか色々メリットがあります。ただそれ以上に、ハイライトなどの情報を蓄積していくことで新しい本の楽しみ方ができるところにより大きなメリットを感じています。

例えば、僕は今回AmazonのSNSを使って友達とつながり、その人が読んだ本の詳細を見て、他の人のハイライト履歴を見て ついつい購入してしまったことがあります。ハイライトのフレーズまで確認していたので、結果的に大満足の内容でいい買い物になりました。普通に本屋さんで読む時とは違った道筋で色んな本に出会う可能性のある、面白いサービスだと思います。

日本でもBooklapのように本の名言を共有して楽しめるサービスがあります。このようなサービスは、書籍の電子化に伴ってより面白い方向に成長していくのではないでしょうか。

 

何はともあれ、Kindleおすすめです!購入を検討している方は、買って損はしないと思いますのでぜひKindleライフを楽しみましょう!ちなみに僕のKindleマイページはこちらです。気軽にフォローしてみてください。といっても最近は『なれる!SE』とかラノベしか読んでないんですけどね。真面目な本も読みますスミマセン。

  

Pocket

 - Webサービス, アプリ ,