KonifarPod

モバイルアプリの速度検証にオススメMacアプリ『Speed Limit』

   

Pocket

モバイルアプリを開発する場合、実機の前にiOSやAndroidのシミュレータを使って表示・動作の確認を行う人は多いと思います。しかし、ネットワーク通信を行うアプリの場合、シミュレータだとネットワークの速度が早すぎて実機での操作感と大きく変わってしまうことがあります。

僕自身jQueryMobileを使ってWebベースのアプリを作った時、iOSシミュレータでは快適に動いていたにもかかわらず、実機で動かしてみたらページ遷移が遅すぎてかなりキモい動きになってしまった経験があります。

そこで役に立ったのが、MacOS用アプリ『Speed Limit』です。システム環境設定からネットワーク速度を制限することができ、擬似的に3G回線の速度で動作を確認することができます。今回はその『Speed Limit』のインストールと使い方について説明します。

 

(1)インストール

ダウンロードページのDownloadリンクから『SpeedLimit.prefPane.zip』ダウンロードします。

Speedlimit download

 

ダウンロードした 『SpeedLimit.prefPane.zip』をダブルクリックして解凍すると、『SpeedLimit.prefPane』ができます。これをダブルクリックするとシステム環境設定が立ち上がるので、インストールボタンをクリックしてください。

Speedlimit download2

 

システム環境設定に『Speed Limit』アイコンが表示されればインストール成功です。

Speedlimit download3

 

 

(2)使い方

システム環境設定から『Speed Limit』 のアイコンをクリックしてSpeedLimitを立ち上げます。ネットワーク速度を変更するために左下のカギをクリックします。

Speedlimit use

 

パスワードを入力して変更可能な状態にします。

Speedlimit use2

 

Portを選択し、Speed のコンボボックスで制限したいネットワーク速度を選択します。Slow Downボタンを押せば、ネットワーク制限開始です。

Speedlimit use4

 

 ネットワークが制限されると、左側に制限している帯域が表示されます。この状態でシミュレータを操作すると3G回線と同様の速度を再現できます。Speed Upボタンを押せば元にもどります。Speedlimit use5

 

実際にネットワークが制限されて速度が変わる動画はこちらに上がっています。

実機と同じ操作感でシミュレータテストを行いたい人は、ぜひ使ってみてください!

Pocket

 - Develop, Macアプリ, PC環境 , ,