KonifarPod

Android Studioで保存時に自動整形+import整理するようにしてみた

   

Pocket

Commitする前にCommand+Option+Lでフォーマット整形してControl+Option+Oでimport整理するの面倒だったので、保存時に自動的にフォーマット整形+import整理するようにしてみました。Android Studioのマクロ機能を使って2分でできたので手順をメモしておきます。

 

(1)マクロ記録開始

Android Studioには、一連の操作を登録できるマクロ機能があります。

Android Studio > Edit > Macros > Start Macro Recording を押したあと操作して、終わったら Stop Macro Recording を押すだけです。

まずは、Start Macro Recording をクリックします。

 

(2)マクロの登録

今回は、Reformat Code、Optimize Import、Save All の操作を記録したいので

Code > Reformat Code をクリックしたあと、Code > Optimize Import をクリックします。

Optimize Importをクリックしたあとでダイアログが表示された時は、ダイアログの中の Rearrange entries にチェックを入れてRunボタンを押してください。

Android studio 1

最後に、File > Save Allをクリックすればマクロの操作は終了です。

 

(3)マクロの保存

Macros > Stop Macro Recording をクリックしてマクロの登録を終了します。マクロに名前をつけるよう言われるので、適当な名前をつけてください。

Android studio 2 


(4)ショートカットキーのバインド

保存は大体Command+Sでやりますから、ショートカットキーを変更しておきます。

Android Studio > Preferences > Keymap > Macros から、先ほど作ったマクロを選択して右クリック。Add Keyboard Shortcut でCommand+Sをバインドします。元のキーバインドを消していいかという警告が出ると思うので、OKを押してください。

Android studio3

 

(5)マクロのエクスポート

以上で保存時に自動的にフォーマットがかかるはずです。もしチーム全体でこのマクロの設定を共有したい場合、設定をエクスポート・インポートすることができます。

Android Studio > File > Export Settings をクリックします。ダイアログに、どの設定をエクスポートするかチェックボックスが並んでいるので、Macros だけ選択して他はクリアします。Key mapsも選んでもいいのですが、独自にキーバインドしている人の設定とコンフリクトする可能性があるので外しておきました。

OKを押すとsettings.jarというファイルをエクスポートできるので、チームメンバーに渡して、Android Studio > File > Import Settings からマクロをインポートしてもらいましょう。

 

 

以上!コードが自動的に読みやすくなっていい感じです。マクロ機能はもっと使いこなせば色々捗りそうですね。

Pocket

 - 未分類