KonifarPod

FacebookのOpenGraphAPIで『Unable to Generate Story』が出た時の対処方法

   

Pocket

※ この記事は2013年11月6日時点のものです。Facebookはすぐに仕様を変えるので注意してください。

FacebookのOpenGraphAPIを利用して独自のstoryを作成する際、『Unable to Generate Story』という不親切エラーが出てしまう時の対処方法です。

結論からいうとサンプルデータを登録すれば解消するのですが、必須なのがわかりにくい設定画面構成になっているため若干はまりました。

 

【エラー内容】

エラーの内容はこれです。オープングラフ > 記事 で新しい記事を作成すると表示されるところです。例として『Become a Friend』という記事を作成しています。何もしないと、『Unable to Generate Story.』というエラーメッセージが出てしまいます。

Opengraph1

 

作成した記事を承認してもらうための送信ボタンも押せません。

Opengraph2

 

【解消方法】

先ほどの記事のページの真ん中らへんにある『サンプルデータの管理』をクリックします。ここで、ActionとObjectのサンプルを用意します。

Opengraph3

 

サンプルActionの方でObjectの指定をしなければならないので、サンプルObjectを先に定義しましょう。

Opengraph4

 

次にサンプルActionです。サンプルObjectを先に定義してあれば、それが表示されるので設定します。

Opengraph5

 

両方createしてからブラウザをリロードすると、先ほどエラーが出ていたところにプレビューが表示されます。作成した記事をFBに承認してもらうための送信ボタンも押せるようになります。

Opengraph6

 

ググっても出てこなかったので、あんまり皆ハマってないのかな?この設定画面のUIになったのが割と最近みたいなので、前はわかりやすかったのかもしれません。どちらにしろしょうもない部分でハマってしまったので、これから先同じ目に合う人がいないことを祈るばかりです。

Pocket

 - Develop, Facebook ,